辛い目の疲れにはブルーベリー成分が良い|サプリで簡単に摂取

夫婦

レバーとほうれん草

ウーマン

レバーは鉄分だけでなく、銅やタンパク質も豊富に含んでいます。貧血予防に大いに役立ってくれるでしょう。また、ほうれん草も貧血予防にもってこいの野菜です。美容にも良い成分が含まれているので、毎日食べるようにしましょう。

読んでみよう

少量から始めてみる

粉末

健康サプリメントなどを通し注目されているのがスピルリナという素材です。アフリカや中南米の湖に自生するもので、タンパク質やアミノ酸、ビタミンなど多種多様な栄養素を含有しています。毎日の摂取で健康的に体質改善が行なえます。

読んでみよう

一番人気の目にいい食材

ブルーベリー

目にいい秘密にせまる

目にいい食べ物と言えば、まっさきに出てくるのがブルーベリー。今世紀初頭から改良されている20世紀の果実で、ジャムなどさまざまな加工品として愛用されています。では、なぜブルーベリーは目にいいと言われるのでしょう。それは、ブルーベリーに含まれるアントシアニン色素という成分が、視神経の働きをよくするとされているからです。具体的な効果としては、パソコンやテレビなどを長時間見つめることで起きる眼精疲労の改善、また視力の改善や暗闇での視覚改善などの効果があります。目の病気である網膜剥離、白内障や緑内障などへの効果への研究が進んでいるところです。また、抗酸化作用があるということもわかり、老化防止やガンへの効果も期待できると言われています。

美味しい食材で大人気

ブルーベリーは酸っぱくて美味しい食材としても大人気で、一番有名なのはブルーベリージャムでしょう。食パンに使用する以外にも、アイスのトッピングとして入れても美味しく、ヨーグルとにもよく合います。また、ブルーベリーを他の果物とミキサーに入れて、ミックスジュースとして飲んでみるのもいいでしょう。美味しいブルーベリーを見分ける方法は、プリっとしたハリのある物が新鮮で、ちょっと古くなるとシワなどがあります。また、「ブルーム」と呼ばれる白っぽい粉がついている物も新鮮です。摂れたての新鮮な物が一番美味しいのですが、古くなってきたとしても、ジャムなどの加工品とすることで長期間保存もききますので、さまざまな用途で愛用されている食材です。

海草はヌルヌル成分がある

錠剤

体の持つ免疫システムを維持し続け、それをさらに向上させることができる栄養成分であるフコイダンを含むモズクや昆布、ワカメなどは誰もが知っている食材です。特に酢の物として多く食べられているモズクにはフコイダンの含有量が多いので、毎日の食事に手軽に取り入れることができるでしょう。

読んでみよう