レバーとほうれん草|辛い目の疲れにはブルーベリー|サプリにギュッと詰まった栄養成分

辛い目の疲れにはブルーベリー|サプリにギュッと詰まった栄養成分

女性

レバーとほうれん草

ウーマン

貧血になると、髪の毛が茶色くなって切れ毛が増えたり、肌がかさついたりします。健康だけでなく、美容にも悪影響を与えると言うわけです。貧血を解消したければ、レバーを食べるようにしましょう。レバーは鉄分はもちろん、銅やタンパク質も豊富に含んでいます。貧血予防にぴったりの食品と言うことで、昔から大人気です。意外と脂質も少ないので、女性には喜ばしい限りでしょう。ただ、レバーは下準備に手間がかかったり、調理法が難しいので毎日食べるのは困難です。なので、大豆製品や卵や海藻も食べるようにしましょう。これらは安価ですし、下準備に手間もかかりません。調理法も簡単です。また、鉄のサプリメントなども併用するとより効果的でしょう。

ほうれん草も貧血の予防にもってこいの野菜で、その効果の高さから健康食品と呼ぶ人も多いです。ただ、ほうれん草はアクが多いので、一度ゆでてから料理に使うようにしましょう。とは言え、ゆですぎてもいけません。ほうれん草には貧血の予防に役立つ鉄だけでなく、ビタミンCも含まれています。ビタミンCは熱に弱いので、ゆですぎるとかなりの量が失われるので注意しましょう。最近のほうれん草は昔に比べてアクが少ないので、サッと湯通しするだけでOKです。貧血の予防のためには、調理法にも気を配る必要があります。ちなみに、ほうれん草にはカロテンも含まれています。肌のかさつきを防いでくれるので美容にも良い食べ物と言えるでしょう。